覚えておきたい接し方

男性

心を癒やす会話とは

誰にでもストレスや嫌なことはありますが、人によってそうした苛立ちやストレスを許容できる量は異なっています。そうして限界を超えてしまうと精神病を患ってしまったり、病気になる一歩手前という状況に陥ったりしてしまうこともあるのです。こうした時に大切なのが周囲の人間の接し方といえるでしょう。もちろん精神病と診断された人は服薬やカウンセリングなどでの治療を進めることになりますが、周囲の理解がなければどんなに治療を受けても意味がないと言っても過言ではありません。接し方として重要なのが“傾聴の姿勢”を持つことです。字の通り、相手の話に耳を傾けるという意味があり、自分が意見したり否定したりするのではなく相手の意見をそのままに受け止めるという姿勢を持っています。やはり話をしていると「自分はこう思う」と口を出したくなるときもありますし「アナタは間違っている」と言いたくなることもあるでしょう。しかし心にダメージを負っていたりストレスがあったりする場合にはそうした意見や否定がより辛く感じることもあるのです。とはいえ、自分だけが我慢している状態が続くのもよくありませんから、自身の息抜きも忘れないようにしましょう。メンタルヘルスと診断された人とうまく付き合うには、相手だけでなく自分の心の状態にも気を配る必要があります。体と同じように心の調子もその日によって違いますから「今日はなんだかイライラしている」と感じた日には相手との距離をとってみてはいかがでしょうか。お互いに無理なくストレスフリーな環境づくりをすることも、心の健康を維持するためには大切なのです。もしかしたら心の病気かもしれない、と感じたら当然不安に思うでしょう。とはいえ、精神病は一般的な病気ですし、治療方法もありますからあまり不安に感じすぎるのはよくありません。さらに、自分が精神病かどうかを判断するのは自分ではなく専門的な知識を持っている医師や専門機関のスタッフです。診断を受けるまでは考え込んだり一人で悩んだりするのではなく、自分がどのような状態かを観察してみましょう。「前に比べて食事が美味しく感じない」や「睡眠が浅くなった」など、以前と違う部分を書き出しておくと、医師が診察するときの判断材料にもなります。実際に病院で診察を受ける時の流れですが、内科や呼吸器科など一般的な病院での診察をうけるときと同じです。メールや電話などで予約をしてから来院し、医師の診察を受けてから診断されるというのが大まかな流れと言えるでしょう。費用はだいたい五千円〜一万円前後ですが、金銭的な不安がある場合には事前に費用の相談をしてみるのも良いかもしれません。精神病になった場合は、会社や学校あるいは自治体などが行っている支援制度を利用できるケースもあり、金銭的な負担を減らせる可能性があります。なお、最初の診察で全てを医師に打ち明ける必要はなく、話せることを無理なく伝える程度で構いません。上手く話せないかもしれないと不安なら、相談したい事項を紙に書いて持参するのも良いでしょう。基本的には通院しながら治療を受けることになりますから、医師とは何度か話し合って信頼関係を構築していくことになります。そうした治療の流れをイメージしながら病院探しをしてみるのはいかがでしょうか。